このエントリーをはてなブックマークに追加

英語が苦手な理由

英語を話すのがどうも苦手と感じている人は多いかと思われます。
しかし日本人は少なくても中学と高校の6年間、語学の勉強をしている人が多いはずです。

にもかかわらず、語学が苦手な人が多いのはなぜなのでしょうか?

日本人が英会話を苦手としているのは、英語を話す環境に建つことが少ない点がよく指摘されます。
英語の勉強をしてきたかもしれませんが、皆さんは1日の内どれくらい英会話を話すでしょうか?

毎日話をしている人は、おそらく特異な環境にある人だけで、日本で暮らしている以上、英会話をする機会が1日全くない人も多いはずです。

英会話のレッスンを受けていると言う人もいるかもしれません。
しかしそのような人でも毎日、英会話のレッスンを受けているわけではないはずです。

週に何回かのペース、しかも話すのは1時間前後のレッスンが多いのではないでしょうか?

このような英語を話さなくても良い環境で暮らしていると、なかなか英語を話しません。
日本語で話をした方が楽だからです。

そうすると、なかなか語学のスキルをアップさせることは難しいのです。

自動車の運転免許を持っている人も多いかと思います。
自動車の運転ですが、例えば教習所でくれる教則本を見ているだけではなかなか運転技術を上達させることはできません。
実際にハンドルを握って、運転をしてみないとなかなか運転のやり方やコツをマスターできないのです。

また「ヨーロッパ言語共通参照枠」と日本の英語教育により、自体の問題があると指摘する声も大きいです。

日本人の英語教育ですが、その先の受験を見据えたカリキュラムになっています。
つまり英文法の勉強、読み書きの方にウェイトを置いた授業を展開している所が多いです。

最近では、英会話の方も重要と言うことで、リスニングの授業を取り入れるような学校も出てきています。
しかしそれでもいまだに読み書きの方が圧倒的に授業のボリュームとしては大きくなっている所が多いはずです。

これでは、英語を聞いたり話したりするチャンスに恵まれません。
その結果、なかなか英会話のスキルを上達することができないのです。

皆さんの普段の会話をイメージしてみましょう。
活字で書かれているのは、ある程度文法の整っている日本語です。

しかし普段の会話の中でそこまできちんとした日本語をしゃべっている人は少ないのではありませんか?

これは他の言葉でも共通していて、活字と日常会話で使われる文法や言葉の表現は異なるケースもしばしば見られます。
受験英語はきちんとした英語なのですが、普段喋っている英会話とは少し変わってきてしまいます。
そのため英語を話せなくなってしまうわけです。

Copyright (C)2016効果に期待!語学トレーニング.All rights reserved.